【AVレビュー】三好凪 脅してポルノ映画館で露出させた

『ポルノ映画館で露出性癖を仕込まれる丸の内OL 三好凪』のレビュー

 

 

S Mで有名なシネマジックの新作
 

映画館と露出とSMの融合

さらに丸の内OLという設定
 

タイトルに強く惹かれて購入することにした
 

 

 

これが今作の主人公
 

 
なんだか優男だな
 

 

 

なんか本屋さんみたいなところで働いてる

ライブチャットで配信しているエッチな女性を見てひたすらオナニーしている
 

 
そんな毎日
 

 

ある日

その本屋に美人な客が
 

 

 

しかし、本屋の設定はやめたほうがいいな

モザイクだらけで、目がチカチカする
 

 

 

女性の客が社員証を忘れていく
 

 
その社員証をヒントに気づく

先ほど見ていたライブチャットの女性と社員証を忘れた女性が同一人物だということに

これはチャンス
 

 
 

「なんでチャットレディなんかやってたんですか?」

「しかもど変態な姿晒して」

と問う
 

 
その女性のリアクションでドンピシャだと気づき

「変態画像ばらまくぞ」

脅していく
 

 

 

「おまえは俺の奴隷になるんだ」

と言い

ビンタをしていく
 

優男に見えてなかなか鬼畜な奴だ

ビンタを繰り返しながら、女性器をまさぐる
 

 

 

便器で縛りあげ

犯していく

 

 

 

 

写真を撮って
 

 
「俺から逃げられると思うなよ

もし警察にタレこんだらおまえの個人情報全部ネットにばらまくからな

おまえは俺の奴隷だ」

 
こんなの断れるわけないじゃん

悪魔のような野郎だ
 

 

 

次のシーンではポルノ映画館に連れていく
 

 
他の客がいる中

映画館の真ん中に行き
 

 
「丸の内のOLです」

「好きなようにしてください」

と言わせる

 
他の客が集まってきて
 

 
縛り上げる
 

 
ムチやおもちゃで責めていく

 

 

 

 

 

 

 

最後は飽きたからと男に捨てられ
 

 
その思いをどうすることもできず

自分から映画館に露出をしにいく女になってしまう
 

 

総評・感想

導入部分から丁寧に作り込まれていて、ドキドキワクワクしながら見れた

映画館は少しショボかったが、

薄暗い感じが良かった
 

男がクソだってことと、女性もかわいそうだということが伝わってくる

そんな人間性を表した作品なのかもしれない
 

おすすめしたい人

  • 女性を脅して好き放題したい人
  • SMが好きな人
  • 露出が好きな人
  • レイプが好きな人
タイトル
:
ポルノ映画館で露出性癖を仕込まれる丸の内OL 三好凪
女優
:
三好凪
監督
:
まるかつ
メーカー
:
シネマジック
レーベル
:
VIXEN
女優
7.5
服装
7.0
シチュエーション
8.0
表情
8.0
心の傷
8.0
芸術性
8.0
総合スコア
84.4

 

高画質で安全に今すぐダウンロード

 

マニアックな作品はDUGAで探しています

DUGA