アダルトVRビデオ作品を楽しむコツ

VRのAV作品の選ぶコツや楽しむコツをまとめた
コツというより、うんちくや豆知識に近い
この記事の中に知らないことがあり、何らかのVRAVに関しての情報が増えれば幸いだ

選ぶコツ

VRAV作品を外さないで選ぶためにはちょとしたコツがある

 
VRに力を入れているメーカーとそうでないメーカーがある
その次に監督に注目すると幸せになれるかもしれない
レビューなども参考にしていきたい

 

メーカー
  • SOD
  • エスワン
  • ムーディーズ
  • kawaii
  • unfinished
  • アイデアポケット
  • KMP

 

作品や女優さんで当たり外れがあるが、こういったメーカーを選んでおけば、映像に関しては外れることはないだろう

 

監督

 

ここらへんの方々は撮り慣れているし、撮影技術も相当なものだ
アングルもいいし、映像も綺麗
FANZAのサイトへリンクさせて、見ていただければ驚くほど高評価が並んでいるだろう

ただZAMPA監督は、たくさんの名作を生み出しているが、余計なことをする癖(へき)がある
 

 

FANZAのレビュー

非常に参考になる
だが、鵜呑みにするのは危険だ

FANZAのシステム上購入していなくても書けてしまう
明らかに不自然なレビューが集まっている作品もある

慣れてくると逆におもしろく感じるが・・・
 

 

楽しむコツ

自分なりに楽しむ方法があるので少しだけ説明したい

 

飽きたとき

VRは毎日見ると飽きる
というより、慣れすぎてしまい興奮できなくなる

飽きたら2D作品、つまり従来のビデオ作品を見ると良いと思う
コミックや音声作品もオススメだ
二週間くらVRの視聴を我慢してみるとまた新鮮に見えるかもしれない

 

冬の対処法

暖房などで暖かくしてみよう
自分は冬は寝転がり布団を掛けながら見ていることが多い
寝ながら見れるようにゴーグル側で視点を調節できるはずだ

椅子に座っていては映像に集中し知らず知らずのうちに体やアソコが冷え、風邪をひいてしまう
布団をかけ、暖かくして見るのはオススメだ

 

VR映像はオナホールとの相性が非常に良い

オナホールを片手に見るのはかなりオススメだ
ラブボディなどにホールを固定し映像に合わせて腰をグラインドさせるのもありだ

ただオナホール耐性のない人はものの1分でイッてしまい
「抜きたいのはそこじゃない」という場面で暴発してしまうので注意したい!
 

 

VRゴーグル

スマートフォン用

アダルトVRはスマホで見ることができる
スマホ対応と書いてあるゴーグルであれば大丈夫だ

エレコムやサンワサプライなどの聞いたことのあるメーカーだと安心だ
画質はスマホのディスプレイの性能に依存するので、ダイソーのゴーグルなどでも画質が劣ることはない
 

Oculus

ゴーグルはOculusがオススメだ
FANZAとの接続が簡単にできる

1番のオススメは
2020年10月発売のOculus Quest2

高額なので購入はポイントが多くつくショップで買いたいところだ
 

PlayStation VR

PlayStationVRでもVRAVを視聴可能だ
FANZAにも対応している
だが、2017年発売なので最新の機器には性能が劣る
あまりオススメできない

いずれ発売されるだろうPS5のPSVR2にも期待している
発売されたらまた世界が変わりそうだ
 

 

ハイクオリティとの差

Fanzaをよく使ってるのだが、HQ版と通常版がある
両方購入することはないため画質の差は比較しようがないが
通常版でもかなり綺麗で、没入することができる

だか、「もしかしてこれ以上に綺麗なのか」
と思うとハイクオリティ買っておけばよかったかなといつも後悔してしまう

 

 

※2021年のオススメ作品についてまとめた記事だ
時間があれば参考にしていただきたい

【2021年】絶対見るべきおすすめアダルトVR【VRAV神作品30選】
実際に購入し、体験した中でよかったもの、おすすめのものを紹介していこうと思います。発売前の最新のVR作品をFANZAなどの公式サイトでチェックし、その上でレビューや有名なサイトなどをチェックしているので…

 

こちらが過去作から2021年までの作品をまとめたページだ

https://zetsubou.love/vr-top-2020/

 

有名な女優や話題になっている女優をレビューしてきた
実際の画像や点数などをつけているので
時間があったらこちらも見ていただきたい

【AV-VR専用のレビュー記事一覧】
今まで数々のアダルトVR動画をレビューしてきた。こちらのページはそのレビューを一覧にしたものだ。参考になれば幸いだ。
タイトルとURLをコピーしました